あらさばいぶる

日常に潜むリアルモンスターとたいけん(体験)を武器に戦うアラサー女のサバイバルライフ。

はじめまして!自己紹介とブログを始めた理由

はじめまして!アラサー女のちひです。

 

 

筆者の歩み

小学生~現在まで

小学時代

自分の感性を表現するのが苦手。他の人がいるところで作品を創る図工の時間が嫌いだった。そのため、絵描きのレベルは小学生で止まっている。

ただ、ステージに立つと急に表現するのが怖くなくなるため、音楽は続けられた。

文章や物語を作るのは大好きで、新聞を毎週作って家族に配っていた。

パソコンオンラインゲームにハマる。

 

中学時代

憧れだった部活動。

やるからには本気でやりたいと思い、市町村内でも実力が底辺だった部活を再建しようと奮起。

部活に人が来なかったり、練習せず喋ったりしているのは、部内の人間関係が悪いからだと気付く。部内メンバー全員が全員のことを好きになれば、協力し合いたいと思うはずだからだ。

そこで、誰と誰の関係が悪いのかという人間関係の現状・問題・解決策をノートにまとめて実行した。

人間関係を分析するのが好き、というか、仕事だと思ってやっていた。

 

高校時代

学校に行く意味がわからず、ここだけの話、よくサボっていた。

電車で県外へ一人旅をしてラーメンを食べたり、ネットカフェに行ったりしていた。

楽家を目指すか、教員になるか、研究者になるかで悩む。

理想と現実の距離感が分からず、苦しんでいた時期。

 

大学時代

高校でサボっていた分、よく勉強した。

やりたいことは全部やることが目標。

旅行に行きまくる。

感性を磨きたいという思いと演奏家への憧れがあり、結婚式場の演奏のアルバイトを始める。

他の人と同じことをしていても、注目されないと思い、ロックバイオリンを始める。

 

大学時代の専門は、海の資源と環境。

 

 

社会人時代

新しいものを創る仕事がしたいと思い、開発を希望したが、配属は品質管理に。

保守的な会社だったが、積極的にセミナーや勉強会への参加をし、新しいやり方を取り入れていく。

専門は、衛生管理と職場の悩み相談。

パソコンを買い、再びゲームにハマる。

 

現在

品質管理として新しいものを創る仕事をさせてもらっていたが、物足りなさを感じて会社員を卒業。

現在は、大学講師のもとで研究スキルを磨き、社会に貢献できる研究者を目指している。

人の感情に訴えかけることもしたいと思い、音楽活動もしている。

ブログを始めたのは、誰かの救いになることをしたいと思ったから。と、自分でお金を稼ぐ力をつけたいと思ったから。

 

『自分にしか創れないものをつくる』が人生の目標。

 

 

ブログを始めた理由

小さい頃から、新聞をつくったり、考えを書き留めておくのが好きだったので、ブログを始めようと思いました。

 

途中から方向性を間違えないよう、ブログを始めるにあたっての目的を書き残しておきたいと思います。

表現力を磨く

他人からどう思われるのかという怖さもあり、仕事でも趣味でも自分を思い切り表現することを避けてきたのですが、ブログを通してどんどん自分を表現していきたいです。

世間の中での私ではなく、自分の本当の価値観を知っていきたいと思います。

  

知識・悩み・価値観の共有

自分が得た知識を他の人にも共有していきたい。

それに加えて、今までの失敗や経験を共有して、同じ悩みを抱える人の気持ちを少しでも軽くできたらいいなと思っています。

 

自分マーケティング

多くの記事を書き、自分の経験や考えを整理していきたい。

その中で、自分にしかできないモノを生み出していきたいです。

 

 

 

CASIOの電子ピアノを買った【Privia PX-S1000とCDP-S150の比較】

f:id:ChiHi:20200330130634j:plain

キーボードがほしいなぁと思っていたのですが、

バンド用のいろんな音が出せるキーボードもいいし、

タッチがグランドピアノに近くて、鍵盤数が多い電子ピアノもいいしなぁ・・・

と、迷っていて買えないままでした。

 

ところが先日、友人に結婚式の余興でピアノ演奏を頼まれました。

この機会を逃したら、この先買うことはない!と思い切って電子ピアノを購入することに!

本番はグランドピアノということだったので、タッチが重いもので、鍵盤数が多くて、できれば音もたくさん変えれてバンドでも使えるもの・・・予算は5万円くらいがいいなぁと。

 

楽器屋さんに行ったらCASIO推し!

キーボードや電子ピアノといえば、KORGRolandだよなーと思っていた私。

実際に楽器屋さんに足を運んでみると、CASIOが一等地に置かれていました。

店頭にあったのは、CASIOの『Privia PX-S1000』と『CDP-S150』。

どちらもコンパクトでスタイリッシュなデザイン。すぐに欲しくなってしまいました。

 

KORGRolandの電子ピアノも機能は申し分なかったのですが、持ち運びするには重たくて見た目も大きかったので、断念。

据え置き用にするなら即買いしていたと思います。

 

 

『Privia PX-S1000』と『CDP-S150』で迷う

予算があるなら、デザイン性もあり、音色の幅がかなりあるPX-S3000が断然おすすめです。8万円前後で購入できます。

 

そんなに出せないよ!という方はよければ以下を参考にしてみてください。

 

● Privia PX-S1000

《 外観 》

何といってもデザインが素敵で、黒・白・赤から選べるのが魅力。

間違いなくインテリアにもなる。

 

《 音色 》

音色がCDP-S150より多い(音色18)。

 

《 機能 》 

デザイン重視のため、楽器自体にメトロノーム機能や音色変更機能の記載がなく、どの鍵盤を押すと切り替わるか覚える必要があるのが欠点。

 

《 価格 》

55,000~60,000円

  

 

● CDP-S150

《 外観 》

色は黒のみ。

若干だが、PX-S1000より小さくて軽い。

 -PX-S1000:幅132.2×奥行23.2×高さ10.2cm ・ 11.2kg

 -CDP-S150:幅132.2×奥行23.2×高さ9.9cm ・ 10.5kg

 

《 音色 》

音色は少なめだが、ほしい音色が揃っていて、ライブで使う分は何とか間に合いそうという印象(音色10)。

Janne Da ArcのShining ray』の冒頭のようなアコースティックギターの音も出せるし、『モーニング娘。LOVEマシーンの電子ピアノのような音も出せる。

 

《 価格 》

4万円台で買えて、安い。

 

《 機能 》

PX-S1000と比較して、メトロノームや音色変更などの機能が使いやすい。

※どこを押せばいいか分かりやすい

 

 

私は、Privia PX-S1000を買った 

 決めた理由は、高いほうがいい気がしたから。

買って触ってみたところ、CDP-S150でも申し分なかったなぁと思っています。

私は、メトロノーム機能をよく使うので、機能面で扱いやすいCDP-S150に決めても全然後悔しなかっただろうなと感じました。

 

もちろん、PX-S1000にしてよかったとも思ってます。

やはり、デザインが素敵ですし!

タッチが重くて、音の大小を鍵盤で表現できるものは練習していても楽しいです。

 

 

譜面がついてきた!

PX-S1000を買ったところ、電子ピアノが入った段ボールに厚さ1cmほどの譜面集が入っていました。これは嬉しい!

『ランゲの花の歌』『ブルグミュラーアラベスク』『ベートヴェンのピアノソナタ』『軍隊行進曲の連弾譜』など、

いろんな難易度の曲が詰め込まれていて面白い!全部で60曲分の楽譜がありました。

発表会で弾いたことのある曲も何曲か入っていて、懐かしさも感じていました。

これは練習がはかどりそうです。

 

 

キーボードスタンド難民の方へ

今回、楽器屋さんにおすすめのスタンドを教えていただいて購入したのですが、これがまたいい!

高さを変えるのにねじの取り外しもないですし、安定感がすごいです。

ライブ中にキーボードをスタンドから落としてしまいそうになったことが何度もあったのですが、これはどれだけテンションが上がっても大丈夫そうです。

ダブルになってはいますが、重さもシングルクロスのものと大差はないなと感じました。

 

▽HERCULES KS120B ダブルX型 キーボード用スタンド


 

 

まとめ

Privia PX-S1000とCDP-S150では、どちらも良い。

デザイン重視の人は前者、デザインが気にならずできるだけ軽いものがいい人は後者がおすすめです。

 

 

 

参考になれば嬉しいです。

ミュージックライフ楽しみましょう。